婦人

ペットの長距離移動なら|ペット輸送サービスを利用しよう

多様なニーズに応えます

作業員

個人事業主としての柔軟性

地域のあちこちを走り回り、軽運送業の代表格と見られている赤帽の運転手はみんな、農家の人や漁師さんと同じような個人事業主なのです。同じように見える赤帽の軽トラックですが、よく見ると個人名が入った屋号が書かれているのに気づくかもしれません。組織としての赤帽もあり、農家が集まって作っている農協のように、各運転手が集まり協同組合が結成されていて、全国に44の協同組合が存在し、180か所以上の営業所があります。赤帽は営業拠点もあり、個人事業主でもあることから、作業の受付は営業所経由でもできる上に、個人契約をすることもできることが他の運送業者との違いになっています。多くの運送業者が荷物を運ぶのを依頼すると集配、選別、配送と多くの人の手が入り物が運ばれていくのに対して、赤帽では1台の軽トラックと1人の運転手によって全て行われます。軽トラックには他の荷物は混載されないので、依頼主の思いのままの荷物を指定時間に運んでもらうことができます。個人事業主としての裁量を生かして、臨機応変に対応してくれるので、宅配便では運べないような大きな荷物でも軽トラックに載せられる350kgまでであれば運ぶことが可能です。赤帽で登録されている軽トラックによっては最大1800mmまでの高さのものも運ぶことができます。ニーズが多様化した現代社会において、柔軟な対応ができて、軽トラックならではの機動力を併せ持った赤帽はこれからも地域の発展に貢献していくことでしょう。